2009年2月アーカイブ

今日は中央監視装置の現場調整日
予報によると天気は悪くないらしい
AM5:30起き
まだ薄暗い空
寝ぼけまなこを擦りながらヘルメットを担ぎ現場に向かう
さっき剃った髭が朝の風にあたり外気温の低さを僕の体に知らせてくれる

視界が冴えない
頭が回らない
現場の朝は
きつい
コーヒー(現場7時23分ごろ)  
現場の朝礼前にコーヒーで軽く頭脳に喝を入れてみる
でも、たいした効果は無いみたいだったんだ

準備中  

制御盤は建物の屋上に座っていた

盤にPLCをセット
I/Oユニットの認識
ETHERNET通信ケーブルの接続
空調コントローラとPLC間のRS-232C通信の確立
いつもの作業
いつもの流れ

基本的には社内の模擬試験環境を
実機環境に展開するだけなのだが
社内の環境と実機とでは状況が異なる点が多い
多くの微調整が必要
単純にハードウェアを設置して電源を入れるだけでは済まされない

この作業を如何に素早く行うかによって
後の調整時間にも影響を及ぼす
待っている他の業者さんも居る
スピードが要求される
タイムプレッシャーがある
さっきのコーヒーが効いてきたのか
作業をしているうち
眠気なんて忘れてしまっていた

脚立にノートパソコンを置いてます
制御盤のPLCにノートパソコンを繋ぎ
現場調整の開始
屋外の吹きっさらしの中
少し暖かくなってきたと言っても朝のつめたい風は身にこたえる
現場ではいつも大事に使っているノートパソコンも、粉塵にまみれてしまって
心が痛む
普段はきらびやかで鮮やかな映像を映し出す液晶画面に
細かい埃がびっしり付着して曇る
僕の心も少し曇る
現場の忙しさの中では曇りを拭き取る暇さえも無かったんだ

低いアングルから
中央監視の現場調整というのは
ノートパソコンで起動した中央監視の表示と
実機の状態が一致するかを確認する作業
基本的には二人一組での作業
プログラマーが監視画面を操作し
SEが実機の状態を確認するケースが多い
もし動作がうまくいかない場合はその場で即座にコードを洗う

コードを洗っているといつもこう思うんだ
こうすることで僕の思考の汚れも洗われてくるんじゃないかな

 

 

  調整風景

調整自体は
監視画面をマウスで操作してたり
無線で会話してたり
時に休憩
昼には食事
他の業者さんとの
技術的な打ち合わせがあったり
配線工事が終了するまで
作業中断して待ってたり

いつもの調整
いつもの風景

机上でソフトウェアを製作する会社なんだけど
現場で実機を動かす仕事でもあるので
普段は黙々とプログラミングをしている連中も
ヘルメットをかぶって
工事現場を走り回ったり
少しだけ配線を繋いだり
テスターで電圧を測ったり
そんなことも日常茶飯事

綺麗に撮れなかったけれどよく晴れていました
いい天気で僕の心と視界は晴れ渡っていた
調整は今日で全体の1/3ほどが終了

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。