2009年7月アーカイブ

2009年7月22日(水)
世界中が注目していた「皆既日食」が観測されました。
日本で見られる皆既日食は46年ぶりということで、
私たちもちょっと仕事の手を休めて外へ出てみました。
  


植田社長は、中学生時代に皆既日食を体験していて、
「あの当時は日食グラスなんてなかったから、
ガラスにろうそくのススを付けて見た。
日食の時は本当に夜みたいに暗くなったよ。」

当時を懐かしく思い出していました。


今回、大阪で観測できるのは「部分日食」です。
天気はあいにくの曇り空でしたが、
日食のピーク時間に、はりきって屋上へ行ってみました すると・・・
 なんと太陽の方角に
フリーダムビルより高い建物が!!
 
 覗き込んでも見れそうにありません。
このままでは見逃してしまう!
とあわてて外へ=З


空を見上げると・・・・・・


おや?


これは


もしかして・・・


日食だーっ!!

ついに日食を見ることができました!
雲に覆われてはいますが、
太陽が三日月形をしているのが分かります☆


30分後に再び屋上へ。
  
太陽の位置がビルより高くなっていて、観測することができました。
  
先ほどより隠れる角度と割合が変わっています。


日食は、日食グラスで直接見る他に影を楽しむ方法もあります。
厚紙などに小さい穴を開け、日食中の太陽の光を当てます。
すると、穴を通った太陽の光が欠けた太陽の形になるそうです。
 試してみましたが、
曇りだった為に影ができず。。。
 本当なら穴の光が
こんな三日月形になるはずでした。
残念・・・。


日食を観測している時、少し子供に戻ったような気分になりました。
天気は残念でしたが、珍しい現象を体験できてよかったです

次回の日本での皆既日食は26年後・・・、
ふと自分の年齢やフリーダムの未来を想像してしまいました。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。